【ライブ配信】日本オープンゴルフ 2021生中継 2021年10月15日

    0
    28
    by hkhk ghdf
    Published: October 15, 2021 (5 days ago)

    ◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 事前情報(13日)◇琵琶湖CC(滋賀)◇6986yd(パー71)

    生中継🔴📺📲👉 日本オープンゴルフ 2021

    生中継🔴📺📲👉 日本オープンゴルフ 2021

     

    2度のツアー優勝をいずれも「日本オープン」で挙げている稲森佑貴は「誰よりも思いは強いと思います。3勝目も日本オープンで飾ることができたらうれしい」と大会連覇に向けて意気込んだ。
    今年のコースは総距離6986yd。通常営業ではパー5の3番(501yd)がパー4設定とされるなど長いホールはいくつかあるが、飛距離が問題になることは少なそうだ。「全体的に距離は短くてショートアイアンを使うところもある。グリーン面が砲台なので、ウェッジ系を使うとバックスピンも怖い。そこは注意すべきポイントかな」という稲森は「結構ビッグスコアが出ると思う」とバーディ合戦を予想した。

    ポイントとなるのはやはりフェアウェイキープだが、昨季まで5年連続フェアウェイキープ率1位で、今季も同スタッツをリードする稲森にとってはそのアドバンテージが生きてくるセッティング。「距離が長かろうが短かろうが、常にフェアウェイキープ。フェアウェイの方がピンをデッドに攻めていきやすい」と自信を見せる。

    「グリーン周りのトラップというか、バンカーに落とされていったり、逆目のラフに入ったりすることが多いイメージなので、ロングパットでもいいからとにかく乗せて、パターを頑張る方が良いのかな」と日本オープンの“定石”とされる攻め方を徹底するつもりだ。

    過去、「日本オープン」で3勝以上を挙げているのは宮本留吉(6回)、尾崎将司(5回)、中嶋常幸(4回)、小野光一、中村寅吉(3回)の5人だけ。偉大な先人たちに続けるか?(滋賀県栗東市/今岡涼太)
    ◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 初日(14日)◇琵琶湖CC(滋賀)◇6986yd(パー71)

    大会初日に無傷の8バーディ「63」をマークした岩田寛。パー71での18ホール大会最少ストローク記録を更新したが、「ショットは全体的に当たらなかったけど、乗ったやつは入ってくれた。乗らなかったやつは、パーパットでうまくしのげた」と、不甲斐なさとうれしさを交えて振り返った。

    直近2試合は5位と6位。上り調子で迎えるナショナルオープンは、“日本一”の栄誉だけでなく、5年間の複数年シードと、翌年の海外メジャー「全英オープン」出場権が与えられるのが通例だ。岩田も「魅力的です」と色気を見せるが、「まだ初日なので、あまり言うのはやめてください」とはにかむように記者を制した。

    開幕前日は、米国から一時帰国中の小平智と練習ラウンドをともにした。来年は米下部ツアーでの戦いを決意した小平に「なんで下部ツアーに出なかったんですか?」と聞かれたという。

    米ツアーに参戦していた岩田がシード権を失った2017年当時は「選択肢としてなかった」というのがその答え。「南米とかいろんなところでやって、賞金も安かった。いまは賞金も上がったし、(石川)遼も行くので、楽しそうですよね」とうらやましがった。

    それでも、岩田は米ツアー復帰への思いは捨てていない。思い描くのは、ノンメンバーとしてフェデックスカップポイントを稼ぎ、同200位以内に入ってコーンフェリーツアーファイナルズに出場し、そこからPGAツアーを目指すルート。「ZOZOに出られれば良かったのだけど…」という岩田だが、今大会もまた夢に向けてつながっている。

    「調子が悪いと、外していい方とかいろいろ考えるので、意外と頭は冷静にできる。そういうときの方がノーボギーは多いんです」と、ゴルフはある意味ベストコンディション。コロナ禍から2年ぶりに有観客となったこともプラス要素だ。「絶対に(ギャラリーは)いた方がいいです。いないとふざけたりしちゃうんで…」と、ロープ外
    ◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 初日(14日)◇琵琶湖CC(滋賀)◇6986yd(パー71)

    岩田寛がボギーなしの8バーディ「63」をマークし、パー71での18ホール大会最少ストローク記録を更新して首位発進を決めた。5月「中日クラウンズ」以来となるツアー4勝目を目指す。

    初優勝を目指す石坂友宏が7アンダー2位。池田勇太が3度目の「ゴルファー日本一」へ向け、6アンダー3位につけた。

    賞金ランキングトップのチャン・キム、小平智、小田孔明、大槻智春ら8人が5アンダー4位に並んだ。

    賞金ランキング2位の星野陸也は4アンダー12位。大会連覇がかかる稲森佑貴は2アンダー36位で初日を終えた。

    中島啓太(日体大)と河本力(日体大)のアマチュア2人は1アンダー46位。

    前週「ブリヂストンオープン」を制した杉山知靖は1オーバー79位と出遅れた。